こんにちは、紺野うみです。

 

早いもので、先日『DRESS』にて、2社目の神社紹介がリリースされました(笑)

 

 

自分でいろいろ学んで執筆する、という以前の形の記事と違って、取材に行ったり写真を撮影したり……。

 

そんなことから初めているうちに、時間の流れがかなりあっという間なんです!(笑)

 

やっぱり、実際の神社様をご紹介するとなると、ある意味で「自分ひとりの記事」ではなくなるわけですから、しっかりと責任を持ってまとめなくてはいけません

 

たとえば学生の頃なんかは、よく学校の先生から「学校の看板を背負っているんですよ」というような表現、されませんでしたか?

 

私の場合、「ご紹介させていただく」ということなわけですから、自ら「看板作ってアピール」し出したようなもの!笑

 

間違っても、神社からして「有難迷惑」な記事にならないように……と思うと、緊張もします。

 

それでも、私自身も足しげく通っているおすすめ神社のご紹介なので、楽しくてたまらないんですけどね

 

 

さらに言うと、個人的に「皆様へお伝えしたい」と願っているのは、神社で「心のふれあい」のようなひとときを過ごしていただきたい! という根本的なところなもので……。

 

ただ単に、見どころや御朱印だけをご紹介して終わり、にしたくないナ……という気持ちがあるんです。

 

これも、一種の下心(?)かもしれませんね!笑

 

 

とにかく皆さんに、神社を通して、いろいろなことを感じていただきたいんです

 

 

私だって、こんなに神社に夢中でなかった頃は、自分の現状に感謝することもすぐ忘れて、自分勝手に生きていました。

 

もちろん今だって、立派な人間かって聞かれたら「とんでもない!」って感じです💦

 

感情に流されそうになったり、自分のことだけで周りが見えなくなってしまうことばかり。

 

 

……でも、ひとつ大きく変われたと思うのは、「神社に行って神様や自分の心と向き合う時間」が頻繁にあることで、「気が付ける」んです、そのたびに。

 

自分の心の在り方とか、どういう風にしていきたいのかとかを、きちんと静かに考えられる時間が、自然と増えていきました

 

きっと、誰しもそういう「自分との対話」みたいな時間が、人生には必要なんだと思うんですよね。

 

でも、現代は特に「ぼーっと考える」とか「静かに自分と向き合う」とか、そういった時間をあまり持てなくなってきています。

 

とにかく効率化社会ですから……。

 

なんでも「時短」だとか、無駄を省こう、というスタイルで、ひたすら時間に追われた生活を送っている方が多い。

 

しかも、スマホやネットがあるせいで、暇があっても「自分でつぶしちゃう」んですよね。

 

あまり「考える」「感じる」といった時間が、取れない仕組みが増えてきている気がしています……。

 

 

だからこそ、心穏やかな時間を過ごせる「神社」という場所は、私が考えるに、人間にとって大切な「」のためのひとときを与えてくれるんだなぁと。

 

全国各地には、本当にさまざまな神社がありますから、それぞれの方にとってのお気に入りが見つかれば、もっと神社という空間が皆様の心と近くなるかもしれない!

 

……そんな想い(下心。笑)で、今後もさまざまな神社をご紹介していきますね

 

 

とにかく、こんな記事を書かせていただけていること、興味を持って読んでくださる方にも感謝しきりです

 

少しでも、人の心によい影響をもたらす、前向きな記事になればと願って、今後も頑張りますね

 

 


 

 

さて、せっかくなので、今回の田無神社の補足を少しだけ!

 

(なんせ1つの記事にするには、載せきれない部分が多くて……!)

 

 

まず、記事では「五龍神」をメインにご紹介しておりますが、実はそれ以外にも私のお気に入りスポットがあるんです

 

田無神社には、龍神様のお祀りされている場所以外にも、たくさん摂社・末社があります!

 

その中でも大好きな場所を、2箇所ほど追加で、こちらに書かせてください

 

 

 

「津島神社」

 

 

 

本殿に向かって左手の鳥居の横にある、素戔嗚尊(すさのおのみこと)という神様を、お祀りしているお社です!

 

疫病除け子どもの守護農神・家畜の守護などの御神徳があるそうです

 

 

私はいつも行くたびに、こちらのお社の左右にいらっしゃる龍神様から、ものすごい視線を感じています(笑)

 

あ、嫌な視線じゃないんですよ?

 

「お前、頑張ってるか?」「お前、元気なのか?」みたいな感じで観察されてる気分になって、「あはい、おかげさまで!」みたいな感じでお返事(笑)

 

ふふっと笑ってしまう、なんだか個人的にすごく好きな場所なんですよね

 

田無神社の記事で、一番最後にあるお写真が、この場所の引きの写真です!)

 

 

 

「少彦名神社」

 

 

 

本殿の左隣にあるこちらのお社には、少彦名神(すくなひこなのかみ)がお祀りされています。 

 

病気平癒身体安全などの御神徳があります

 

 

……写真でお分かりいただけるでしょうか?

 

このお社、いろいろと小さくて可愛らしいサイズなんです!

 

なぜかというと、この少彦名神という神様は、親指くらいの身体の大きさだと言われているんですよね。

 

それで、この神様のお社(特に摂社・末社としてお祀りされている場合)は、少彦名神様のサイズだったりすることがあるんです。

 

あの小さな鳥居! 個人的にかなりきゅんとします

 

 

以上、短めですが、追加のご紹介でした!笑

 

ぜひ田無神社に足を運ばれた際には、こちらのお社も見つけてみてくださいね

 

 

 

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」

 

DRESS上のプロフィールページ

 

 

★これまでの「巫女ライター日記」記事一覧

バックナンバー

 

 

 

★最新のお知らせ

 

■大人女性のためのWeb情報サイト『DRESS』の最新情報!

◎連載【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】公開中!

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」

 

《過去記事》

東京の白蛇さま「上神明天祖神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

御朱印帳の使い方! 素朴な疑問と知っておきたい基礎知識

御朱印を集めて各地の神社を巡る「御朱印ガール」とは

神社で神様とのご縁を結ぶ! 「御朱印」の意味と真のご利益

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離のススメ」

 

■SNSはこちらから

twitter 頑張って短く書きます!

Instagram 神社愛を写真や動画でお届け!

Facebook メッセージなどもお気軽にどうぞ!

 

■noteはじめています!

※過去記事なども、こちらでじわじわ整理中♪

紺野 うみ|note

 


 

★ メールでのご連絡

6door.konnoumi@gmail.com

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM