こんにちは、紺野うみです。

 

今回は「御朱印」についての知識や、その本来の意味についても皆さんに知っておいていただけたらと思い、ご紹介してまいります!

 

 

ここ数年の「パワースポット」ブームと共に、寺社仏閣で「御朱印」を集める方がじわじわと広がってきました📖

 

巫女として神社でご奉仕をしていても、御朱印帳をお持ちになるお若い方が、かなり多くいらっしゃいます☺☺☺

 

しかも、普通の書店文房具店などでも、当たり前のように御朱印帳が並んでいるのを見かけませんか?

 

これは本当に、すごいことだなと思うんです

 

しかもそのデザインにも、個性の光るオシャレなものが増えていて、見ているだけでもウットリしてしまいます……

 

御朱印関連の書籍やネットでの記事も見かけることが多くなり、そういったところでの紹介を通じて、ひとつの神社の存在を知ったり興味を持っていただく機会も増えてきました!

 

 

 

当然、神社の側としても、御朱印神様皆様を繋げる大切なもの

 

神社ごとに、オリジナルの御朱印帳を作ったり、御朱印そのものにも季節や行事限定のデザインがあったり……。

 

より皆様が「神社」を身近に感じ、楽しんでいただけるようなきっかけとするべく、さまざまな趣向をこらしているところも多いのです💡

 

 

日本人は比較的マメな人が多く、コツコツとなにかを「集める」ことを好む民族でもあると思います🌱

 

ですから、「御朱印」がブームになる一方で「気を付けなくてはいけませんね」と言われていることもあり。

 

それが「スタンプラリー」や「観光名所のスタンプ集め」と、混同されてしまわないように……という点だったりします。

 

ついつい「集める」ことが目的になってしまいかねないのですが、これは、「コレクション」するものではありません。

 

それではここから、その「御朱印」というものについて、もう少し具体的に掘り下げていくことにしましょう

 

 

 

■なぜ「御朱印」をいただくの?

 

かつての「御朱印」とは、お経を書き写して納めたことの証として、お寺からいただけるものだったそうです。

 

ですから、お寺においてはこれが「納経印」と呼ばれる場合もあります。

 

それが現在は「参拝の証」という意味で、寺社仏閣でいただくことができます

(※全部の場所でとは限りません)

 

押印の他に、参拝した日付寺社の名前御祭神・ご本尊の名前などを、それぞれのデザインで墨書きしてくださるところが一般的です。

 

 

そう、御朱印はいわば、神様との「ご縁」の証

 

ご参拝と一緒に拝受することによって、その神社や神様とあなたとを、より強く結びつけることになります🎀

 

いただいた「御朱印」は、御守りや御札と同じように、神社の「ご神体」やお寺の「ご本尊」の分身のようなもの。

 

パンフレットの裏に記念にスタンプを押して帰ろう! という観光スタンプとは大きな違いがあるのです。

 

ですから、普通のノートなどにはお願いせずに、専用の「御朱印帳」をご用意ください。

 

そして保管する際も、大切に扱うようにしてくださいね

 

ご自宅に神棚仏壇があればそちらがベストですが、ない場合は専用の置き場所を決めて保管するのがよろしいと思います。

 

 

 

■御朱印帳はどこで手に入るの?

 

最近は、御朱印のブームで一般的な書店文房具店などにも、御朱印帳が置かれていることがあります。

 

もしくは、神社でもその神社の特色モチーフが上手にあしらわれている、オリジナルの御朱印帳を作っている場合があります。

 

もし、馴染みのある神社や旅先で参拝した神社に、あなたの気に入る御朱印帳があれば、そちらでお受けするとよろしいと思います!

 

私も神社でご奉仕をしている時に、皆様の御朱印帳を目にする機会が多くありますが、本当にさまざまで滅多に同じものに出会わないので、密かに「すごいなぁ」と思っています

 

蛇腹折り(アコーディオンのような形)のタイプが多いですが、和綴じ(本のようなもの)になっているものも稀にありますね。

 

蛇腹折りは、開いて全体を眺めることもできますし、墨書きや押印もしやすいので、個人的にはおすすめです♪

 

ともあれ、特に「これでなくてはいけません!」という決まりはございません。

 

あまり難しく考えずに、御朱印帳との出会いも「心のときめき」を大切に選んでいただければと思います

 

 

 

■御朱印帳の使い方って?

 

御朱印帳は、墨で書いても裏写りしにくいように、厚めの紙が使われていることが多いです。

 

ですから、裏表に御朱印を入れていただく方も、いらっしゃいます。

 

しかし、御朱印は手書きがほとんどのため、必ず裏写りしない! というわけでもなく……、時に裏側まで墨が滲んでしまう場合もあります

 

それもあってか、使い方はもちろん自由なのですが、比較的片面だけを使っていくという方が多いように見受けられますね

 

 

これは、私の場合なのですが……。

 

御朱印を書いていただくと、乾いていない御朱印が隣のページに滲むのを防ぐために、挟んでいただける「由緒書き」のような紙があったりするのです。

 

そして、その神社御祭神について書かれていたりして、破棄するなんてもったいない! と思うことが結構あるんですよね。

 

ですから私は、それを御朱印を書いていただいたページの裏側に貼り付けて、後でまた読めるようにしていたりしています

 

たとえば人間のご縁でも、一度会ったらそれっきり、その出会いを忘れてしまうのでは意味がありません。

 

御朱印は、見返すたびに、その神社や神様とのご縁を「再確認」できるという大きな役割もあります!

 

そのためにも、こんな「裏面」の使い方もひとつかな、と思います

 

 

 

■御朱印をいただく時の手順は?

 

これはとても大切なことなのですが、御朱印はあくまでも「参拝の証」です。

 

ご縁ができました」ということを目に見える形に残すもの、ということですね

 

ですから、神社に行って「まず御朱印をいただこう!」というのは、本末転倒になってしまいます。

 

まずは、きちんとご参拝をお願いいたします。

 

神様にご挨拶をして、皆様のことを知っていただいた後、そのご縁の証明をあなたの手元の御朱印帳に残していただくようにしてください

 

時には、ひとつの神社の中に何社ものお社があり、必ずしも御朱印が一種類だけとは限らなかったりします。

 

つまり、神社によっては、何社分も御朱印をいただけることもあるのです。

 

そのような場合でも、きちんと「お詣りした神社」のものをお受けするようにしましょうね📖

 

 

 

■神社とお寺の御朱印を、ひとつの御朱印帳に混ぜて書いていただいてもいいの?

 

このご質問には、私はあまり神経質になりすぎなくてもよろしいのではないでしょうか、とお答えしています

 

ただ聞くところによると、ごく稀に、神社とお寺の御朱印が混在することを良しとしない寺社仏閣があるそうです。

 

そのような場所に配慮して、あらかじめ別々に分けています、という方もいらっしゃいますね。

 

これには、本当にさまざまな意見があるのですが、一番大切なのは、神仏あなたの「ご縁」です

 

あなたなりに心を込めて、一つひとつの御朱印を大切にしていれば、それが一番よいことだと思いますよ。

 

 

 

■御朱印を同じ場所で何度もいただいていいの?

 

これは、もちろん「Yes」です!

 

いつもお世話になっている神社で、参拝のたびに御朱印をいただいています、というお話も聞きます。

 

その神社の御朱印だけを書いていただくための、専用の御朱印帳を用意している方もいて、そうすると後で「あぁ、この時にもお詣りしていたんだなぁ……」と、ご自身の人生とその神社の関わりも記録できることになりますよね。

 

そういったご縁の深め方も、とても素敵だと思います

 

 

 

■御朱印帳を忘れてしまった場合は?

 

時には、御朱印帳を持参するのを忘れてしまったり、急な参拝で手元にない、ということもあるでしょう。

 

その際は、「書き置き」の御朱印を拝受して、後でご自身で貼り付けていただくことも可能です📖

 

神社や受付時間帯によっては書き手がいなかったりして、「書き置き」のみでお分けしているという場合もあるので、それも覚えておいてください。

 

 

 

■御朱印のお初穂料は?

 

御朱印を書いていただくためのお初穂料は、300円〜500円くらいが多いです。

 

場合によっては「お気持ちで」と言われることもあります

 

その際は、1ページあたり300円程度のお納めでよろしいかと思います。

 

あなたのお気持ちで、お願いいたします

 

神社によっては、お釣りを用意できていないこともありますので、できればぴったりご用意しておいていただけると理想的ですね。

 

御朱印を拝受する際は、丁寧にお受けするようにしてください。

 

前に説明した通り、御朱印は神様との「ご縁」の形なので、なによりも感謝の気持ちが大切です

 

 

 

■御朱印はすべて一期一会

 

御朱印は、もちろん毎日日付が変わっていきますし、その都度書き手の方が違っていたり、期間限定のものがあったり……。

 

そういった「その時々の違い」があるものです

 

時には、墨書きがあまり上手でなかった、というようなこともあるかもしれません。

 

しかし、それに対してクレームを言うようなことは避けるようにいたしましょう。

 

書き手の方も、それぞれの方なりに心を込めて「御朱印」を書いています。

 

その一つひとつすべての出会いが、素敵で大切な、一期一会です

 

マナーのよくない言動は控え、すべて「よいご縁」として受け入れる心をもって、拝受するようにしてください

 

御朱印の本来の意味をよく理解して、ご自身神社神様とのご縁を楽しんでいただけることを、心から願っています

 

 

 

■御朱印帳の行く末は?

 

ちなみに、これはちょっと気の早い話かもしれませんが……。

 

「御朱印帳って最終的にどうすればいいの?」ということを、素朴な疑問としてお持ちの方もおられると思うのです。

 

本当に最終的な御朱印帳の行く末は、できれば自分の死後、に一緒に収めていただけるとよいのではないでしょうか。

 

御朱印は「あなた」が神仏とのご縁をいただいた証

 

そのご縁は、ぜひ「一生」をかけて、大切にしていっていただきたいです!

 

その身体がなくなるその時にも、そうすることで、最後まであなたをお守りくださることでしょう

 

 

 

さて、御朱印についてのあれこれを書き留めて参りましたが、いかがでしたでしょうか?

 

かく言う私も、もちろん御朱印帳を持っております。

 

いつの間にか、四冊目を迎えています。

 

今後も自分の御朱印帳に、どんなご縁の形が増えていくことになるか分かりませんが……。

 

これからの出会いが、今からとても楽しみなんです

 

私にとって、御朱印帳を開く度にとてもうれしくなるのは、その神社での思い出光景がよみがえることですね!

 

 

昨今の「御朱印ブーム」は、より多くの方と寺社仏閣を結びつけるきっかけになる、素敵なことだなと感じています

 

今まであまり神社に足を運んでいなかった方も、この「御朱印」というものの存在を知って、「私もいただいてみたいな」と興味を持ってくださったということも多いようです。

 

これは、神社にとっても神様にとっても、とてもうれしいことです

 

マナーや礼節を守って、皆様に気持ちよくご参拝していただけたなら、それが何より喜ばしいことなのです。

 

あまり固くなりすぎず、お気軽に神社にご参拝いただき、ぜひ神様とあなたの「ご縁」の証である「御朱印」をいただいてみてください

 

御朱印」とは、それをいただくことを目的に寺社仏閣へ出かけるのではなく……。

 

参拝を繰り返したり新たな寺社仏閣を巡ったりしていくことによって、結果的に集まっていくもの、だということを忘れないでいただけたらと思います

 

御朱印をきっかけに、あなたと神社神様とのご縁が、より深くなっていくことをお祈りしております!

 

 

 

 

 

★最新のお知らせ

 

大人女性のためのWeb情報サイト「DRESS」に、執筆した記事が掲載されました。

 

【厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離」のススメ】

https://p-dress.jp/articles/6353

 

よろしければ、ぜひこちらもご覧ください。

 


 

★ ご連絡はこちらからお気軽にどうぞ

6door.konnoumi@gmail.co

 

★これまでの記事一覧

バックナンバー

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM