こんにちは、紺野うみです。

 

みなさんはご自身の「御守り」、持っていますか?

 

 

それは、いろいろな形で、私たちの手元にやってきます👣

 

人から「あなたのために」といただいたもの。

 

初詣などで、地元の神社で受けたもの。

 

旅先で、お詣りした神社で受けたもの。

(※神社では、御守りや御札などの授与品を「買った」とは言わないのです

 

 

今現在、皆さんのお手元にあるかどうかは別としても。

 

誰もが一度は、何かしらの形で、お持ちになったことがあるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな「御守り」の極意、と題して……そのパワーについてお伝えできればと思います

 

 

皆さんは、手元にやってきた御守り、どうしていますか?

 

なんとなく、カバンにつけている👜

 

なんとなく、家に置いてある🏠

 

……その「なんとなく」は、ちょっともったいないんです!(笑)

 

実は、この「御守り」に秘められたさまざまなパワーは、もっと自分自身が意識するだけで、その真価が最大限に発揮されるようになるのですから🌱

 

 

さて、まずはじめに

 

御守りを家に置いているという方……。

 

できれば、移動中も、どこかに入れて携帯するようにしてみましょう!

 

かばんの中でも、ポーチの中でも、お財布の中、パスケースの中、洋服のポケットでも構いません👕

 

神社では「御守り」や「御札」などを皆さんに授与しているわけですが、そのうちの「御札」はご自宅にてお祀りするものです🏠

 

そして「御守り」は、できるだけ肌身離さずお持ちいただくことをおすすめしています。

 

そのためにも、御守りの種類の中には「肌守(ハダマモリ)」という、薄くてかさ張らないタイプのものがある場合も多いですね

 

こんなタイプです

 

 

それでは、なぜ私があえてここで「御守りを身に付けてください」とお伝えするかといえば……?

 

いろいろな場面で、「あ、これは御守りのおかげ!」とか、「御守りに守っていただいたな💡」と実感することが多いからなのです

 

 

そういう私……、実はいつも必ず、ひとつのポーチを持ち歩いているんです(笑)

 

少しだけそれをお見せしましょう🚪チラッ

 

 

中には常時、私にとって特にコアな繋がりのある神社の御守りが、スタンバっています

 

そう。

 

あえて言うなれば「御守りポーチ👛<テッテレ-!

 

 

 

この「御守りポーチ」のきっかけは、大切な方からいただいたひとつの御守りでした。

 

あなたのことを守ってくれるように」と御守りを贈っていただいて、「あぁ、これは絶対、肌身離さず持ち歩いて大切にしよう!」と決意

 

それには、なにか、決して持ち歩くことを忘れないような専用の入れ物が必要でした。

 

そこで元々使っていた小さめのポーチの中に、一緒に御守りを入れていたのですが……。

 

私自身もさまざまなご縁をいただくようになって、神社に出掛けるようになると、御守りをお受けする機会も増えました。

 

そして、案の定限界が(笑)

 

小さめポーチでは収まりきらなくなった頃、このお財布くらいのサイズのお気に入りポーチに出会ったのです👛

 

 

御守りをいただくのは、すべての神社ではもちろんありませんが(笑)

 

なにか強いご縁惹かれるものを感じた時は、その神社との絆が深まるようにと、御守りをお受けしてくるようになりました

 

こうして自然と、御守りポーチに入るメンバーは、徐々に増えていったのです

 

いまや、私の最強アイテム

 

 

そうなんです。

 

「御守り」というのは、その神社や神様のことを思い出すきっかけにも最適ですし、たとえ遠くに離れていてもご縁感謝などの気持ちを繋いでくれる……📡

 

いわば、神社と繋がる無線のような(?)スーパーアイテムなのです

 

 

こうして、私の手元に来てくださった御守りたち!

 

そしてある時、どうしても勇気がほしいなぁと思うような場面があったんです💦

 

人に、自分が決意したことをきちんと言わなくてはならないけれど、ちょっと覚悟していかなくては……という時でした

 

思わず、私はその御守りをポーチから取り出して、ジャケットのポケットに入れてその場に挑んだのです!

 

すると不思議なことに、私が心配していたようなことは、結局すべて杞憂に終わってしまいました🐥

 

そして、ふとそのひとつの闘いが終わった時に、ポケットに入れた御守りを思い出してそこに触れると。

 

フワッと温かいような、そんな感覚があったのです

 

その瞬間に、私は自然に「あぁ、御守りがきちんと力を貸してくれてたんだなぁ」と思っていました

 

 

それからです。

 

嫌な雰囲気のする場所に行かなくてはならない時も、御守りをポーチから出してポケットに入れておきます。

 

すると、なぜか巻き込まれてもおかしくないはずの厄介事を、不思議と紙一重で回避してしまったりもしました。

 

まるで、よくないものから守ってくれたかのようで、やっぱりポケットの御守りは少し温かい感覚があるのでした。

 

 

気のせいなんじゃないの? と、皆さんが言いたくなるのも分かりますが……(笑)

 

それでも、私はその時々に感じた、なんとも不思議な安心感を「大切にしたいな」と思うのです

 

 

御守り」は、よく「身代わり」になってくれることがある、と言いますね。

 

あれも、まったくその通りだと思うのです

 

何故なら、またある時うっかり空気のよくない場所に行ってしまって、「なんか嫌だな……」と思ってそこを離れたのですが💦

 

まさに私も、大切にしていたとある御守りを、その時になくしてしまったからです。

 

もちろんその時はとても悲しかったのですが、「御守りが代わりに守ってくれたのかな」と思い、感謝することにしました

 

 

さぁ、ちょっと変わった視点で「御守り」の力についてお話ししてきましたが……。

 

私はこの存在に何度も励まされ助けられているのです

 

ですから、私はよく人にも御守りを贈っています。

 

その力を信じているからこそ、「この大切な方のことを、近くで守ってくださいね」という想いを込めて🎁

 

だから、あなたにも大切な人や、なにか力になってあげたいなという人がいた時、その人と神様のご縁をお繋ぎするつもりで「御守り」を贈ってみてはいかがでしょうか?

 

あなたが大切な人のことを想う気持ちに、神様はきっと力を貸してくださいます

 

信は力なり」ですね!

 

 

 

 

余談ですが、御守りはたくさん持つと神様がケンカする、なーんて話を聞いたことはありませんか?

 

いいえ、とんでもない(笑)

 

神様はケンカなんてしませんよ

 

だって、神社にもたくさんの神様一緒にお祀りされていることが普通でしょ?☺☺☺

 

ケンカどころか、得意分野を譲り合いながら、私たちに力を貸してくださいます!

 

だから安心して、本当に好きだな頼りたいな……と思う神様のいらっしゃる神社の御守りを、神様との絆のひとつの形だと思って、大切にしてみてくださいね

 

 

 

★最新のお知らせ

 

大人女性のためのWeb情報サイト「DRESS」に、執筆した記事が掲載されました。

 

【厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離」のススメ】

https://p-dress.jp/articles/6353

 

よろしければ、ぜひこちらもご覧ください。

 


 

★ ご連絡はこちらからお気軽にどうぞ

6door.konnoumi@gmail.co

 

★これまでの記事一覧

バックナンバー

 

☆ 紺野うみの心理学・自己分析系《自己人格分析》Webサイト

「私の中に誰がいる?」

 

☆ 紺野うみの自由な日常系ブログ

「紺野うみの神社と書くこと、生きること」

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM